口から出まかせ日記【表】

家にあるホッカイロすべて有効期限切れ。

ブログで得たもの。

のブログは今年の1月から始めて、6月の末に私の凡ミスで消滅し、そこからもう一度立ち上げて、今に至るという流れを経ています。それ以降は大きなトラブルもなく、順調にブログを更新することができました。

 

star-watch0705.hatenablog.com

 

つい先日、はてなの方から「ブログ半年継続おめでとさん!!」というメールを頂きました。私の実感だと「もう、一年くらいやっているんですけどね~(泣)」というのが正直な気持ちなんですが、それでも喜ばしい事です。

 

この一年間でたくさんのブログと出会い、たくさんの人を知りましたが、同時に、記事の更新が止まったり、ブログが消えてしまうのも日常茶飯事でした。ブログを続けられるかどうかというのは、タイミングにもよるのでしょう。その人にとって折り目となるような出来事があって、そこに力を注ぐことが必要ならそうするべきです。それを乗り切った後で、また始めればいいのですから。

 

逆に、大きな変動がない時期に、継続的に何かをしておくというのも大事なことだと思います。私の場合は、このブログだったわけです。私はブログで稼ごうとか、それほど考えてはいません。ただ、自分にとって馴染みのある技術を継続させることで、なにか得られるものはないかと思ったわけです。

 

自分の場合、文章を書くのは得意というより、手慣れたことだったので、それをブログという形でやってみることにしました。結果として得られたのは、文章を日常的に書く「生活の型」のようなもの。そして、日常的に私の書いた文章を読んでくださる読者の存在です。

 

   f:id:star-watch0705:20191229123213j:plain

 

 書いて評価される。創作と評価のスパンを繰り返したのが、この一年間の過ごし方だったのですが、私は有意義だったと思います。ブログを続ける意義は人によって違うでしょうが、自分は正直いって、人からの評価に餓えていたんだと思います。それを得ることができたのは、ありがたいことでした。

 

また、ブログを書くことによって得られる習慣を応用するとすれば、創作の道に進むべきかとも思っています。これは、まだ突き詰めて考えているわけではないのですが、私は、資格や知識を持っているなら、日常生活を度外視してもそちらの方向に進むべきだとは思いません。それよりも、仕事を自分の習慣と合わせていく努力をし続けたい。これをしないと、今後の世の中は危険すぎるという予感からです。

 

来年は無職じゃなくなります。たぶん。そうなると、ブログとの関わり方も変わると思いますが、やめる気はまるでありません。一生書いてもいいですよ~。いや、そんな大きなことをさらっと言っていいのだろうか(笑)。

 

最初に「毎日更新」だとか、大きな看板を初めに抱えてしまうと、風向きが変わったとき、その看板にブログごと押しつぶされちゃうんですよね。それよりも、自分の生活の変化に、ブログの関わり方を柔軟に合わせた方がいい。それが私のブログにおける信条なので、忘れないようにしたいです。

 

うーん。年末年始の予定は、特にないですね。酒飲んで、お雑煮を食べて、箱根駅伝を観る。ま、完璧じゃないですか(?)。天気はずっといいみたいですから、初詣とかもしたいですね。皆様も、のんびりできる時間はのんびりしてください。そして、また来年もお会いしましょう。いや、そんなこと言って、また明日、投稿するかもしれないんですけどね。とりあえず、今後ともよろしくお願いします(=゚ω゚)