口から出まかせ日記【表】

家にあるホッカイロすべて有効期限切れ。

母親から聞いた不思議体験いろいろ。


今週のお題「怖い話」

 

という事ですが、私自身はほとんどありません。危険な目に遭ったこともあんまりないし、霊感なんてそもそも全くない。うーん、ないもんはしょうがないっすね(笑)。

 

ただ、私の周囲の人が色々体験してたりします。特に私の母は、霊に好かれるのかなんなのか、昔から色々あったし、今も色々あるようです。で、今回は、私がこれまで母親から聞いたことがある怖い話というか、不思議体験をまとめてみようかなと思います。どうぞ。

 

 f:id:star-watch0705:20200820200932j:plain


・母親は普段コンタクトレンズをしているが、それがズレた拍子に、色んなものが見えるらしい。職場でズレた時は、天井に黒い人影がいっぱい這っているのが見えるし、家でズレた時は、家族以外にもたくさんの人が立っているのが見えた、とのこと。


・昔、親戚一同で墓参りに行ったときに、遠くの墓石に隠れながら、こちらをちらちら伺ってくる女性がいたらしい。体の半分だけが墓石から出ていて、赤い服を着ていた、とのこと。墓参りの後、県を跨いでけっこう離れた場所にある温泉街に泊ったが、そこでも、川のそばにある露天風呂にひとりで浸かっていた時、向かいの岩場から顔を出して、その人がじっと見ていたらしい。数年間、その人がたまに現れたが、最近はもう全く見ないと言っている。

 


・いわゆる「水子供養」に関わる場所(お寺とか)にいったときに、耳元で「ふぉぉぉぉ」みたいな声が聞こえたり、顔に息を吹きかけられたりしたらしい。

 


・昔、山登りをしていたときに、脇の茂みの中から小さい声で「たすけて!」と声がして覗いたが、なにもなかったらしい。山を下りて麓のレストランで友人とコーヒーを飲んでいたら、床下から「たすけて!」という声がして(友人も聞いたそうです)、床を探ったけどなにもない。店の主人が怪しがって何をしてるか聞いてきたので、助けを呼ぶ声が聞こえることを伝えると、「おたくら、山から連れてきちゃったんでしょうな」と言われたらしい。

 


・ある病院へお見舞いに行った際に、エレベーターに乗ったら、変な階に来てしまったらしい。非常灯みたいなのが点っているだけの薄暗い階で、普通なら病室にあるベッドが、廊下に雑な感じで置かれていて、微風が吹いていた、とのこと。最初は興味津々で歩いていたそうだが、そのうち心配になって戻ろうとしたら、エレベーターの位置が分からず、何度も同じ場所に戻ってきてしまい途方に暮れていた。すると、真っ暗な所から看護婦さんが現れ、「ここは違いますよ」とか何とか言われて案内され、明るい場所に戻れたようだ。が、地元に帰ったあと、その時に来ていた服が、洗ったはずなのにことごとくカビてしまったらしい。いい服だったのに悔しいと、いまだに言っている。