口から出まかせ日記【表】

家にあるホッカイロすべて有効期限切れ。

変えられないことのほうが分かる。

 

まなんか、これ見よがしに、はてなでお題記事を募集していますね。特別なお題らしく、抽選でAmazonの商品券とかも当たるようですぞ。むむう。

f:id:star-watch0705:20210212190241p:plain

お題「#この1年の変化

 

なるほど。この一年の変化ですか。うーむ。とりあえず世界はだいぶ変わっちまいましたが、私自身は大して変わったように思えません。これがもっともっと若い頃なら、背が伸びたり毛が生えたりで、いやがおうにも実感して、もうこれはどうしようもない、逃れられない事なんだと静かに決心したものですよ。

 

が、尻毛もすっかり生えそろう30代は、誰しもある種の安定期。ぱっと見の変化なんてそうそうないですよね。あと20年ぐらい経てば、みんな禿げたり没落なんかして面白いと思います。混沌とした自分の内面世界の変化だとか、それとは逆に新たな技術の取得といった明確なもので変化はあったのかというと、そういうのもあんまりなくて、じゃあ貴様はこの一年いったいどこで何をしてたのだと詰問されれば、「家で平和にブログを書いて暮らしていたよ。にんげんだもの。」とでも答えるしかない。

 

うーむ。そうですね。一年前から相変わらず続けているこのブログから少しでも何か感じ取れないだろうか。ひとつやってみませう。じゃ試しに、ちょうど一年前の記事を再読してみましょうか。

star-watch0705.hatenablog.com

 

読みました。感想としては、とりあえず働けこのカスと思いました。おかげさまで現在は働いていますから、これが一番大きい変化かも。書き方については、記事の改行やフォントの強調感など、今の自分からするとまだこなれていないなぁと。色々試行錯誤してた感じがしますが、起承転結の流れで文章を書いてるのは今と同じで、最近書いた記事と比べても、そこまで代わり映えしないでしょう。それが良いのか悪いのか、今のところさっぱり分かりません。

  

 f:id:star-watch0705:20210213192154j:plain


この一年に限らず、ここ十年くらいの話ですが、自分の新しい変化を感じるよりも、「自分にはもう一生変えられない部分があるんじゃないのかなあ」と考えることの方が多かった気がします。細かい部分では私も変わることができたと思いますが、それはなんというか、世間に適応する為の変化であり、人の眼を見て話せるようになるとか、お酌ができるようになるとかそういうのが積もり積もって体を包み込み、新たに自分の殻となったみたいな変化だと思います。


それで一応、他の人との摩擦がスムーズになって、そうそう誰かを怒らせたりしなくなりましたが、殻の内側では、どうしても違和感を覚える自分がいます。手先や口先で慣れたとしても、心が慣れているわけではないので、常になにかを裏切り続けているかのような不信感が溜まっていきました。それは今でもあんまり変わりません。なにか嘘をついていないか、裏切っているんじゃないか。そんな問いが浮かぶことはよくある。


じゃあ、そう考えてる自分はどういう奴なのか。なんか理想でもあるのかというと、それもはっきりとは分からない。とりあえず、凄まじく怠け者であり、実はこの世でしたいことなど、なにひとつないのかもしれない。でも、死にたいとは全然思っていない。できれば長生きしたい。誰よりも。そんな感じの奴なのは何となくわかります。これはいわば基本概念であって、一生覆せないかもしれない。いくらでも外側は装うことはできても、自分の概念は変化せずに、これからも外の世界を覗き込みながら、強力な批評者として存在していくのだと思います。


変えようのない内側の自分と、ころころ変わるしかない外側の殻との間にある隙間をどう埋めていくのか。もっと建設的な言葉を使うと、どうやって同盟を組ませようかと、頭の隅でいつも演算しています。なんか中間管理職みたいだ笑。ベタな表現ですけど、長い旅を続けて見つけるしかないかもしれません。旅のお供にブログを選んだのは、良いのか悪いのか、まだまだ分かりませんぞ。

 


君は薔薇より美しい
ああああ君はあぁぁぁぁぁぁぁ…………変わったぁぁぁぁぁ~ッッッッ♪