口から出まかせ日記【表】

食欲さん、さようなら。

我が家のクモ事情。

モは好きですか。私は大嫌いです。クモ、ゴキブリ、ゲジゲジ、カマドウマ。この4匹が嫌な虫の四天王です。もし、4匹が同時に襲い掛かってきて、どうしてもどれかと戦って突破口を開かなければならない。そんな状態だったら、クモとならちょっとは戦えるかもしれません。他は無理です。

 

ただ、嫌いといっても、これはどれくらい大きいかで、だいぶ感覚が変わってきます。日本のその辺にいるクモなら一応平気という人でも、タランチュラは無理だという人は多いでしょう。私も同じで、クモと言っても、ある大きさまでは全然大丈夫ですが、それなりの大きさになったとたん、嫌悪感と恐怖が同時に湧いてきます。

 

ここ最近、暖かくなってきたからか、我が家にもクモが現れるようになりました。黒くて、ちっこい、米粒より小さいクモです。私はクモに詳しくないんで、名前とかよくわかりません。赤ちゃんなのか、この大きさで大人なのかもわからない。居間でパソコンを開いてブログを書いていたら、天井からシュルシュルと糸を引いて降りてきて、モニターの縁のところに着地したりします。

 

クモは嫌いですが、こんな小さいと何とも思いません。むしろ、テーブルの上をよちよち歩いているのを見ると、かわいいくらいです。でも、よーく目を凝らしてみると、しっかりとクモの形をしているんですよね。しかも、ジョロウグモみたいな細めのクモじゃなく、タランチュラのような、私が一番苦手なクモとほとんど同じ格好をしているのが分かります。絶対にドラえもんの道具で大きくしてはいけない奴です。

 

  f:id:star-watch0705:20200320101515j:plain


それと、我が家にはもう一種類クモがいて、私はほんとうにそいつが嫌いなんですよ。名前はなんていいましたっけ。思い出せない。なんか、タラバガニみたいな奴です。足が長くて、胴体が平べったいような奴。すごい素早くて、まともに姿を見たことが無いんです。残像しか記憶に残らない。

 

そんな奴が我が家に一匹住み着いています。いや二匹か三匹か、正確には把握できてません。こやつらは、唐突に姿を現します。寝ようかと思ってトイレに行ったら、壁にデーンと張り付いていて、ギャーと叫んだ瞬間、こそこそと姿をくらますとか。あと、玄関の掃除をしていたら、傘立ての下の隙間から、長い脚だけが覗いていたりとか。

 

一番嫌なのが、そいつが私の部屋に現れた時です。というか、普段なかなか姿を現さないだけで、いつも部屋のどこかに潜んでいるんじゃないかと。一緒に部屋で同棲してるわけです(笑)。全身を出したことはあんまりないですが、たまにベットの下の隙間から脚を出して、存在を主張したりする。意識から忘れかけた頃、効果的なタイミングでそんなことをするので、相当頭が良い奴なんじゃないかと思います。

 

クモの平気な友達が、「クモの事は虫だと思わないで、家にいるガードロボットみたいに考えるといい。あいつら、ゴキブリとか食べてくれるし」と言ってましたが、なるほどと思いました。家の掃除屋みたいに理解すればいいんですかね。いやぁでも、クモが好きになることって、今の時点では考えられないです。世の中には好きすぎて油で揚げてバリバリ食べている人もいるようですが、私は生涯に渡りそういうことは遠慮したいと思います。