口から出まかせ日記【表】

もう、来年がんばりましょう!!

はてなスマホ写真部の活動報告【2022/02】


月もあっという間に終わりが見えてきました。時の流れは暴力です。では、今月も「はてなスマホ写真部」の活動報告をさせて頂きます。

star-watch0705.hatenablog.com

前回のテーマは「今年初の○○をスマホに収めました」ということで、初焼肉、初ラーメン、初カフェと、私の食生活で読者の目を潰しました。

teawase-brog430.hatenablog.com

そして、はてなスマホ写真部ユゥヨ (id:byte0304)部長が掲げる今月のテーマは、「私は福をスマホに収めました」です。見た瞬間に勝利を確信しました。なぜなら私の住んでいるのは福島県の福島市。そもそもの所在地が「福」なのです。周りを見渡せば「福」に溢れている。もう勝った。完全勝利した。


ということで、今回は福島県福島市に住む私の日常の範囲内で、ふとみかけた「福」の写真を紹介させて頂きます。そのうちみんな福島においでよ👺

 f:id:star-watch0705:20220219094513j:plain

👺「どどん。いきなり福島駅です。福島駅西口の改札を出てすぐのところに、立派な木彫りの立て札が設置してあります。その上でステンドガラス風に仕上げてある鳥と花。鳥はキビタキといって福島県の県鳥。花はネモトシャクナゲという花木で県花。たまに、ちょっとやんちゃっぽい子がここで彼氏彼女さんを待ってたりします」

 

 f:id:star-watch0705:20220219094430j:plain

👺「どどん。福島駅西口からさらに5分くらい歩いたところにある、福島交通飯坂線と阿武隈急行線のホームでの一枚。写真では伝わりにくいのが残念ですが、ここの雰囲気は何ともよろしいのですよ。昭和平成令和。どの時代でもあるようで、そうでもないような雰囲気。福島市にはそういう場所がけっこうあります」

 

 f:id:star-watch0705:20220219094434j:plain

👺「どどん。地下道の壁にかかっていたパネル。市内を歩いているとよくこういうのが眼球に飛び込んできます。疑問ですが、これって誰に向けたメッセージなんでしょうかね。県民なのか、それとも県外から来た人へなのか。どちらにしろそんなに有効なメッセージとも思えない。福島市の花が桃だと分かったところでさ。それよりゴージャス松野が福島市出身だと分かるほうが響く人には響くんじゃないか」

 

 f:id:star-watch0705:20220219094743j:plain

👺「どどん。どこで撮ったか忘れちゃった笑。福島市民憲章ですね。福島市民は当然ながら、これらをすべて暗記してる、わけないだろうが。俺こんなの全く知らなかったぞ。そういや昔、中学とか高校の生徒手帳にこれが載ってた気がする。だからなんだよって話ですが。空ま教希ま親まき楽ま子安ま。縦読みしてもなんも見えてこない」

 f:id:star-watch0705:20220219094742j:plain

👺「どどん。福島駅から10分くらい歩いたところにある、福島県観光物産館という、観光客向けのアンテナショップで見つけたもの。秋田美人、京都美人あたりは聞くけれど、福島美人はちょいと強引でないかい。とはいえ、福島といえばあの伊東美咲を産んだ地。いるところにはいらっしゃるのでしょう」

www.tif.ne.jp

 

 f:id:star-watch0705:20220219094432j:plain           

👺「どどん。福島市の市街地に鎮座する、福島稲荷神社。今から千年以上前、このへんを安倍晴明が訪れたところ、『お、なかなかいいところやんけ。んじゃあここに神社建ててけつかろ。サービスサービスぅ』って言ってたかどうだか知りませんが、大体そんなノリで建てられた神社のようです。古色蒼然とした社殿の色味が良い」

 f:id:star-watch0705:20220220093724j:plain

👺「どどん。最後は福島市の中央にそびえる、標高275メートルの『信夫山』の頂上から撮った風景で締めましょう。実はこれ撮ったの今月じゃないんですが、福島市のスケール感が伝わりやすいかなと。ここからだと私の家は見えませんね。暴○団の事務所はギリギリ見えますね。まぁそのうち皆さん福島においでください」